使い捨て飲料水のボトルに水を補充することの悪影響

政府と多くの機関は現在、プラスチックの使用の削減を推進しています。私たちはさまざまな目的に使用されているプラスチック原料について、もっと認識しなければなりません。気軽に購入出来る使い捨ての飲料水、便利なボトル入り飲料水に慣れてしまっています。

ボトル入り飲料水は一度だけ使用するように設計されていますが、健康にリスクをもたらすことを認識せずに繰り返し使用する人も少なくありません。

通常、プラスチック製の飲料ボトルにはBPA(ビスフェノールA)が含まれています。 nationalgeographic.comは、「BPA」は使い捨ての飲料水ボトルを頑丈で光沢のあるものにする化合物であると説明しました。そして残念なことに、この化合物は有毒な成分のために批判を受けています。 BPAは、正常なホルモン機能を乱し、多くの危険な健康上の問題を引き起こすと考えられています。実際、多くの研究がこの化合物を乳がんに関連付けています。

では、なぜ、使い捨てのボトルに飲料水を補充するのが賢明ではないのでしょうか?それは水の汚染を引き起こす可能性があるためです。開封されたボトルには、細菌が繁殖します。さらに、プラスチックの製造に使用される化学物質も、ボトルに入った水に浸透します。あなたはそれが健康に悪いことを想像したことがありますか?

今後は、使い捨ての飲料水ボトルに水を補充しないでください。改善策として、BPAを含まないプラスチックボトルまたはガラスとステンレス鋼製のボトルを使用してください。日常の気がつかない行為で貴重な健康を損なうことがあります。

Leave a reply