高気圧療法とは何ですか?

科学技術の進歩に伴い、患者の治癒過程を加速する多くの医療サービスが現在あります。そのうちの1つが高気圧療法です。これは、100%純酸素の使用と高圧チャンバー内の絶対気圧が1を超える圧力を組み合わせた療法です。

当初、高気圧療法は、減圧病の糖尿病事故患者を治療するために使用されました。この症状は、身体が弱り、息切れと眩暈を感じる症状です。体が水または空気圧の変化が速すぎると発生しますが、血液中の窒素が気泡を形成し、血流と神経系をブロックします。

現在、開発およびさまざまな試験を通じて、高気圧療法は、特に損傷した体細胞の再構築に関連する多くの疾患の治療に役立つことが証明されています。高気圧酸素療法を試みることは、さまざまな病気とそれを必要とする患者の数を克服する上で非常に広く有効で、この治療サービスを無視することはできません。

そのため、特にさまざまな地域や国のダイバーが頻繁に訪れるバリのコミュニティのニーズに応えるために、カシイブ総合病院サバ分院では現在、HBOTまたは高圧酸素療法サービスを利用しています。

HBOT(高気圧酸素療法)の仕組み
高気圧療法室には高レベルの純酸素が含まれているため、高気圧酸素療法室では、マッチやバッテリー駆動装置などの発火原因となる物体を装置内に持ち込むことができません。火災に敏感な物体や機器を持ち込まないことが確認された後、患者は通常の大気圧よりも2倍から3倍高い圧縮空気室に入り、1~2時間純粋な酸素呼吸(100%)が行われます。

部屋内の圧力は非常に高いため、一部の患者は増圧力時に不快感を感じる場合があります。耳の感覚に痛みを感じる人もいますが、耳抜きと言われる動作で軽減されます。治療が終了した後は、患者は疲労感や空腹感を覚える人もいるようです。治療自体は座位または立位で行うことができます。

高気圧治療サービスが必要な場合は下記に連絡し、関連する医師に相談してください。
カシイブ総合病院サバ分院
Hyperbaric&Diving Medicine Center
電話番号(0361)300 3028

Leave a reply