企業説明会に参加しました

日本人会・法人部主催、T-ギャラリアにて開催されました

バリ島では日本語が堪能なスタッフを募集している企業は少なくありません。カシイブ総合病院もその一つ。仕事の内容は旅行者、在住している日本人の患者さんの日本語通訳が主となります。困っている人のために能力を発揮したい、ついつい人の世話を焼いてしまう、不安になっている患者さんの心の支えになりたい、などの思考傾向がある方が向いているかもしれません。

熱心に話を聞いているのは、ウダヤナ医学、サワスワティ大学の学生さん達

医療の言葉は特殊ですが、ちゃんと研修期間も設けますので、医療の勉強をしていなくても可能性はあります。病院なので、夜中に突然患者さんからの電話がかかっていくるということが、もしかしたらあるかもしれません。精神的にもタフな人が求められます。

様々なカテゴリーの企業が参加をしていました

今回の企業説明会は日本語を学ぶ大学生に向けてのもの。就職説明会は日本ではごく当たり前に行われているかと思いますが、バリ島でこのような機会が設けられたのは初めてではないでしょうか?

カシイブ総合病院のブースです。名前を知ってもらえるだけでもありがたい。

バリ島には就職情報誌があるわけでもなく、みんなどうやって仕事を探すのだろうと不思議に思います。人伝の情報を頼って、とか縁故関係というパターンも多いのではないでしょうか?カシイブ総合病院でも日本語ができるスタッフを募集中なので、こうした機会は大変ありがたいと思いました。

Leave a reply