緊急対応

致命的または生命を脅かす症状ですぐに医師の診察を受ける必要があると判断された場合は、バリ島の4つのカシイブ総合病院のいずれかにある緊急治療室(エマージェンシールーム)にお越しください。 エマージェンシールームは年中無休で24時間営業しています。

エマージェンシールームでは、緊急医療のために特別に訓練された医師や看護師が待機しています。 最適な緊急医療が受けられるよう、専門チームを準備、治療は最も近代的な技術によってサポートされています。 病院には英語を話すスタッフと日本語を話すスタッフもがおり、治療工程や状態を理解した上で、医師の説明を患者さんに通訳しています。

 

年中無休 24時間対応
アラームセンター:(+62) 361-3002102

●日本人スタッフ
ムラティ:085 1008 73432
勤務地:デンパサール本院

タケウチ サチコ:081 1380 08111
勤務地:サバ分院

シマダヒロミ:081 3387 86919
What’s App:081 3387 86919
LINE:hiromibali9
勤務地:デンパサール本院、サバ分院、クドンガナン分院

●日本語スタッフ
チトラ : 081 1380 00112
勤務地:デンパサール本院

  • 実際の手順について

    患者さんがエマージェンシールームに来院すると、緊急医療チームは患者さんの状態を診察し、まずは状態を安定させます。さらに患者さんの状態、怪我や病気の原因や状態を把握するために必要なテストと精密検査をします。 患者さんの状態次第では医療チームは直ちに各部門の専門医と連絡を取り合い、回復に向けて最善の治療を施します。

    エマージェンシールームで治療の後、患者さんはすぐに帰ることができる場合もありますし、または患者さんの状態によっては、経過観察するために病院にとどまるように言われるかもしれません。すぐに帰ることができる場合についても、完全に回復するために必要な薬を当院の薬局から処方します。 その後の状態確認のために、後日、再来を求められることがあることもご承知おきください。

    病院に留まるように医師から告げられた場合、 経過観察のための滞在期間は数時間または数泊と状況に応じて変わります。 退院の場合は退院前の状態が完全に安定していることを確認しております。 当院の英語または日本語を話すスタッフは、患者さんが保険金請求を求めた場合、保険処理プロセスのお手伝いをしています。

  • 関連サービス:ワンデーケア

    海外旅行者にとって、病気になって緊急治療を必要とする場合、非常にストレスを感じるでしょう。 そこで当院は一日介護サービスをスタートしました。 患者さんは当院の病室に最大12時間滞在します。 当院の医療チームは患者さんの状態を監視し、患者さんが必要とするすべての治療法を試みます。 一日のケアは旅行者にとって便利で快適です。 一人だけで海外旅行をしている場合、ホテルで一人でいるよりも、当院の病室で過ごした方が安全で快適です。

    団体旅行の場合は、計画したスケジュールに従って、足並みをそろえなくてはなりません。体調不良のメンバーだけのために変更することができない場合などに有効にご利用いただけます。ワンデーケアはほぼ保険でカバーされていますので、お問い合わせください。