患者さんが重症で生命を脅かされる状態にあるならば当院の集中治療室に入ります。 集中治療室では、24時間体制の監視、生命維持装置、高度で専門的なケアを行っています。 患者さんの体の機能が正常に回復するための集中治療施設です。

集中治療が必要な理由はたくさんあります。 患者さん自身で呼吸することができない場合、または1つ以上の臓器に大きな問題を抱えている場合もあります。 他の理由は次のとおりです。

・重度の怪我や重度の火傷を負った重大な自動車事故の後
・心臓発作や脳卒中のような急を要する状態
・敗血症や肺炎などの深刻な感染
・大手術の後、回復のための計画的な段階、または緊急措置として。

集中治療室が普通の病棟と一線を画しているのは、特別な設備と備品、完全介護、訪問者を遮断していることです。

  • バイタルサインモニター

    カシイブ総合病院は常にアジアの最先端のヘルスケアを目指しています。当院はフィリップスモバイル介護技術を導入したインドネシアで最初の病院です。 このアプリケーションは、私たちの医師や看護師がいつでも自分のスマートフォンからあなたの状態とバイタルサインを見ることができます。 当院の医者は患者さんが可能な限り最良の治療を受けられるよう、ケアチームと調整して治療を調整することができます。

    当院の集中治療室にはさまざまな生命維持装置もあります。 この機器は、回復するまで呼吸などの身体機能をサポートするために使用されます。

  • 専門の医療スタッフ

    当院の集中治療室は患者さんの経過を注意深く監視し、必要に応じて患者さんの治療を調整することを確実にするため、患者さんと看護師スタッフの対応人数の比率を守っています。 すべての集中治療室スタッフは専門の集中治療訓練を受けています。 最新の技術と結合された当院の専門家チームは、患者さんが最良の治療を受けることに専念しています。

    当院は患者さんが回復するのに快適な環境を提供しています。

    すべてのカシイブ総合病院に集中治療室があります:

    カシイブ病院デンパサール本院
    カシイブ病院ケドンガナン分院(クタ空港近く)
    カシイブ病院サバ分院(ウブド近郊)
    カシイブ病院タバナン分院