時として患者さんは特定の病気や怪我を治療するために手術が必要です。 手術の多くは手術室で行われます。 各カシイブ総合病院には国際基準に準拠した手術室があります。

当院の手術室は様々な外科専門分野に従事したスタッフによって運営されています。 無菌状態の施設は、大手術と小手術の両方を行うための安全な環境を保っています。 当院の手術室で行われる一般的な手術は次のとおりです。

脳外科手術
眼科手術
耳鼻咽喉科手術
胸部(および血管)手術
腹部手術
骨と脊椎手術
美容整形
形成外科(および再建術)
腫瘍手術
帝王切開(産婦人科)手術

  • 現代の機器

    当院の手術室の近代的な機器のいくつかは次のとおりです。

    ・超音波振動により組織を同時に焼灼するハーモニックメス。
    ・ C-Armは高解像度のX線をリアルタイムで提供するので、外科医は必要に応じて手術を監視および調整できます。
    ・ 術中神経生理学的モニタリング(IONM)は、電気生理学的方法を使用して、手術中のあなたの神経構造の完全性をチェックします。
    ・テレラジオロジーは、CTスキャンやMRIなどの放射線画像をある場所から別の場所に送信します。この技術により、手術チームは手術計画を立てることができます。

    手術後、患者さんはリカバリーエリアに移動します。担当した外科医は患者さんの状態に応じて、一般病室に移動することができるか判断をします。

    複雑な手術を受けた場合は、病院で一晩滞在する必要があるかもしれません。患者さんの状態が重篤な場合は、医師や看護師があなたの回復を詳細に監視できる集中治療室に留まる必要があります。患者さんが回復したら、一般病棟に移動します。

    手術室は次の場所にあります。

    カシイブ病院デンパサール本院
    カシイブ病院ケドンガナン分院(クタ空港近く)
    カシイブ病院サバ分院(ウブド近郊)
    カシイブ病院タバナン分院

  • 360° Virtual Tour